FC2ブログ

昨日は…

未分類
07 /05 2013
西区のディサービスに行ってきました。

新しくて内装もおしゃれな所です。
いつものように和太鼓+エイサーコラボの「ラン」で演奏スタート。

すると…

何人かが顔をしかめ、耳をふさぎはじめました。
室内は狭くはありません。
むしろ広い方で、これまで何軒ものディサービスで演奏してきましたが、
こういう反応はあまりなかったので、メンバーにも戸惑いが出てきました。

聴障者メンバーはみな、「仕方ない…次の演奏からは控えめに叩こうか…」と消極的。
やはり、職員さんからももう少し音を落としてほしいと要望されました。

するとtomoちゃんが「それは無理です。聞こえない人たちはお互いに音を
体に響かせることでリズムを取っていますから、音を小さくすると演奏に影響が
出てしまいます」と説得。
おかげで、普段通りの演奏をさせていただくことに。

「理解してもらえないから仕方ない」とあきらめるのではなく、「理解してもらう
努力」って必要なんだなとあらためて思いました。
頼りになるtomoちゃんです。

そこで、大きな音に我慢ならない人だけ、離れた場所に移動していただきました。
申し訳ありません。

近くで観ていてくださった利用者さん達は、真剣に観ていてくだって手拍子したり。
しかも「鳥肌が立った」「感動した」と口々に言っていただけ、メンバーみな
テンションアップ~。

ヨーコさんによるメンバー紹介もいつも以上に口が滑らか、ジョークもポンポン
飛び出します。

最後は利用者さんたちと手踊りカチャーシーで大盛り上がり。

みなさん、お元気な気分になられて帰っていただくことが私たちの喜びでも
あります。

     4ka.jpg
和太鼓デビューのRyu君。
それほど一緒に練習していないのに、流れはほぼ覚えています。
(家で自主練習してるのでしょう)
細かいところはまだまだだけど、みえちゃんも私も舌を巻いてしまいました。

     4ka2.jpg
甘さ控えめのふんわり優しいケーキをいただきました。
なんと!専属のパティシェによる手作りなんだそうです。

身も心もほどけたよっちゃんでした。
スポンサーサイト

神戸ろう太鼓集団 鼓神

太鼓の「鼓」と神戸の「神」が名前の由来です。
神戸の地で聴覚障害者の太鼓の会を創りたいと思ったのがきっかけ。
●練習日●
和太鼓・エイサー毎週水曜日の夜
第2週水曜は太鼓講師指導日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。