耳の日大会イベントにて

未分類
03 /12 2012
東日本大震災1年目のこの日、こちらでは「耳の日記念大会」イベントでした。
鼓神の出番が終わった後の「2時46分」、控え室にて放送を聞いていたtomoちゃんの
合図で私達も黙祷。

会場の、いえ全国のみなさんと祈りをひとつにしました。

神戸の街がそうであるように、街の復興は心の復興でもあると思います。
一日も早く、皆様が笑顔で安心して暮らせる環境になりますように。
志半ばで遠くへ旅立たれてしまわれた方々、どうかやすらかに。
遠い空より、心からお祈り申し上げます。

出番前のショット。
これが新調した衣装です。

          doragon3.jpg
扇子でおどけてみせるヨーコさん。

          doragon4.jpg
チョンダラーの顔に楽しげに落書き?中のみえちゃん
          doragon.jpg
この衣装の地柄、実はドラゴン(竜)柄なんです。(男性用も)
生地から選んだのではないので、衣装を選んだあとの見本を取り寄せた時
に気づきました。

          doragon2.jpg
「どうせなら!」と、それに合わせて手甲もドラゴン柄に。
メンバーによるハンドメイドです。
今年は偶然にも「辰年」。縁起もいい?
新作衣装でさらに緊張した舞台でしたが、もう大好評!(衣装が)
光沢のある衣装が舞台の照明で美しく見える、のだそう。

          doragon6.jpg

          doragon5.jpg
鼓神の歴史の中で、初めてTシャツ着用なし、帯なし、ハチマキなし。
これまでのイメージがガラリと変わったせいか、衣装ばかりがめちゃくちゃ
褒められました。

して、肝心の演奏は?
多少ミスはあったものの、最後のカチャーシーでは大勢のスタッフがサクラになり、
お客さんと一体になって大いに盛り上がりました。
(宮城からのお客さんもおられるとのことで、明るい気持ちで帰っていただけたでしょうか)

「ミルクムナリ」でパーランクデビューのみえちゃんは、一箇所ミスったものの
「お祭りカチャーシー」では客席まで勢いよく飛び出して、今度は舞台手前でズッコケて…。
「楽しかった~」
カチコチにならず、演奏を楽しむことも大事ですね♪

オープニングを飾ってくださった学生ちんどん屋「神大モダン・ドンキチ」メンバーさんたちは
とっくに出番を終えていたけれど「よかった、よかった!」と、控え室前で拍手で迎えて
くださいました。嬉しかったです♪

そしてもうひとつ、嬉しかった事。
今年もわざわざ大阪から古い友人が駆けつけてくれて、差し入れをたくさんいただきました。
ありがとう!!

某メンバーのふとしたひとことから、この日に間に合うかのように出来上がった衣装。
お客様の目を楽しませることが出来たのは確かなようです。

でも、腕の方も磨かないといけませんね!
          (よっちゃん)
スポンサーサイト

神戸ろう太鼓集団 鼓神

太鼓の「鼓」と神戸の「神」が名前の由来です。
神戸の地で聴覚障害者の太鼓の会を創りたいと思ったのがきっかけ。
●練習日●
和太鼓・エイサー毎週水曜日の夜
第2週水曜は太鼓講師指導日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。