FC2ブログ

初演奏

未分類
01 /20 2012
先日、老健施設にて初演奏してきました。
エイサーメンバー3人が事情で休んでいるため、当分の間ヨーコさんをムリヤリ?
ひっぱって、本番で頑張ってもらう予定です。

人数が少ないと音の面でも寂しいので、これでなんとか賑やかになります。
直線的に両側に大太鼓をはさんでのパーランクのよっちゃん。
こういう位置組みは初めてですが、見た目も面白いかなと。

利用者さんから「沖縄エイサーをここで見れるなんて」と喜んでいただけた事が
嬉しかったですね。
 
          P1010665.jpg

和太鼓さんたちの演奏
キヨーさんは、いつもの不安顔がなく気合の入った表情で力のこもった
バチさばきを見せてくれました。
同じメンバーながらちょっと感動。
どういった心境の変化?
分野は違うけど、モチベーションがあがります。

演奏終了後、施設のおえらいさん(役職覚えてなくすみません!)から、
誉めすぎではないかと思えるぐらいの、お褒めの言葉を何度も頂戴しました。

「正直期待してなかった」とおっしゃってたぐらいなので、いい意味での
想像はずれでしょうか。

そのおかげか、その場で別の施設の演奏依頼をいただきました。
ありがとうございます。
これからも私達の「聞こえなくても出来る!あきらめない」という心のメッセージを
どんどん発信していきたいと思っています。

ところで
くしくもこの日は「阪神大震災17年」にあたる日でした。

その日の夜、三ノ宮駅前で和太鼓部が指導いただいている先生方、輪太鼓の演奏会が
あるとのことで、その足でメンバーと出かけてきました。

          P1010686.jpg

寒さ厳しき中、東日本大震災の鎮魂も兼ねた「鎮魂と希望」の音が轟きました。

今後も東日本の被災者さんたちの生活が落ち着かれるまで、ずっとこの演奏会を続けて
いかれるそうです。

東日本の被災者の方々に一日も早く希望の光が見つかりますように…と願ってやみません。
(よっちゃん)
スポンサーサイト

神戸ろう太鼓集団 鼓神

太鼓の「鼓」と神戸の「神」が名前の由来です。
神戸の地で聴覚障害者の太鼓の会を創りたいと思ったのがきっかけ。
●練習日●
和太鼓・エイサー毎週水曜日の夜
第2週水曜は太鼓講師指導日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。