老健施設

未分類
07 /28 2011
昨日は、介護老人保健施設に下見に行ってきました。

これまでは、演舞依頼があってから、後日「下見と打ち合わせ」で伺うという形でしたが
今回は依頼の前に下見に行くという初めてのケースです。

先方が、太鼓で演奏してもらうというのは初めての試みとのことで、スペース面で心配
されていました。
「一度広さを見ていただいて、出来そうならお願いしたい」ということなのです。

それほど心配されているので、よほどせまい所なのかなぁと思っていたら…
なかなかどうして!

施設自体はとても広く、演舞スペースも充分です。
もっと狭いところを何度も経験しているので、問題はありません。

利用者約100名、そのご家族約100名、職員約100名という規模の中での
「秋祭り」オープニングを受けることになりました。

ありがとうございます。
秋祭りにふさわしい演奏が出来るように頑張ります。

         rouken2.jpg

         ホテルのような外観

         rouken.jpg

         広いロビー


ヨーコさん
「私もここに入りたいわ♪」
そして、隣のtomoちゃんに
「ねっ、一緒に入りましょうね♪」

なんだ、なんだ、この会話は…。

蚊帳の外でよかったと、安心するよっちゃんでした。
(うん、まだ老後の心配するトシではない?)
スポンサーサイト

神戸ろう太鼓集団 鼓神

太鼓の「鼓」と神戸の「神」が名前の由来です。
神戸の地で聴覚障害者の太鼓の会を創りたいと思ったのがきっかけ。
●練習日●
和太鼓・エイサー毎週水曜日の夜
第2週水曜は太鼓講師指導日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。