FC2ブログ

犬猫保護施設

未分類
06 /26 2011
急に暑くなりました。
皆様、お変わりありませんか?

さて、先日大阪の能勢にある犬猫保護施設に行ってきました。
東日本大震災で被災した犬猫もたくさん来ています。
ボランティアに行くつもりが…

事前に電話予約が必要なので、健聴者に電話をお願いしていたのに、
手違いがあってボランティア出来ず。
(※仕事振り分けのため、予約が必要)

私の方は何度かこの施設に来ているのですが、友人が初めてなので
見学だけさせてもらうことにしました。

          dog2.jpg

ワンコたちは交代制で、この広いドッグランをのびのび走り回っています。
向こうに見えるのは犬舎。

          dog.jpg

こんな犬舎がいくつもあります。

          dog3.jpg

お年を召したワンコ。
こんな高齢ワンコが10匹ぐらい、事務所周辺でくつろいでいました。
足腰も弱って、本当にヨボヨボした感じです。
彼らはもう闘争心もないので、リードも犬舎も必要ないんですね。

私達はそんな高齢犬のお相手を。
スタッフ達は忙しくてなかなかかまってあげられないと思うので
これだって、ボランティアになってると思うんです。

若いワンコのように、シッポをぶんぶん振って飛びついてきたりは
しませんが、やっぱり相手してもらうと嬉しいよう。
ゆっく~りシッポ振る子や、おぼつかない足どりで何度も寄ってくる子など。

目が完全に白く濁っている白内障の子も居ました。
でも、なぜか普通に歩いていたので聞いてみると…
「あの子は全然見えないけれど、自分の生活範囲内では支障ないですよ」

ちょっとびっくりです。
障害があっても、皆と一緒に普通に暮らせています。

みんな幸せそうでした。
それでも…、人とのふれあいを必要としている子達ばかり。

もらい手がないと思えるような年とっている子や、障害を持っている子を
わざわざもらう方もおられます。

いいご縁があるといいですね。

   (よっちゃん)
スポンサーサイト

神戸ろう太鼓集団 鼓神

太鼓の「鼓」と神戸の「神」が名前の由来です。
神戸の地で聴覚障害者の太鼓の会を創りたいと思ったのがきっかけ。
●練習日●
和太鼓・エイサー毎週水曜日の夜
第2週水曜は太鼓講師指導日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。